Root : PSL47 > ペットニュース一覧 > 2012/05/14

富士通 ペットの健康管理ビジネスに参入




ニュース配信元:WPN☆ワールドペットニュース
記事:富士通 ペットの健康管理ビジネスに参入 2012年下期開始予定

---引用----

富士通株式会社は14日、専用デバイスを用いて行う、ペットの健康管理に特化したクラウドサービスの提供を、2012年下期より開始することを発表した。

 肥満や糖尿病など、人間の生活習慣病のような病気にかかるペットが近年増えていることを受け、人間同様、ペットも日々の生活管理が大切として、同社はこのサービスの開始を決定したという。

 同社が携帯電話開発などで培った人間向けのセンシング技術を応用した同サービスでは、犬向けに小型・軽量・省電力に開発された専用の活動測定デバイスを首輪に装着することで、歩数・震え・温度変化などの愛犬の活動状況を24時間記録できる。

 測定されたデータはデバイス内に一定期間蓄積され、また、専用のAndroidアプリとFeliCa通信により、デバイスをスマートフォンやパソコンに近づけるだけで簡単に読み取ることができる。さらに、読み取ったデータはクラウド上にアップロードされ、飼い主専用のウェブページで閲覧可能だ。

 長期間データを保存することができるので、過去のデータとの比較や推移を分析することで、ペットの健康管理を手軽に行うことができるという。

 同サービスは5月17日(木)、18日(金)の2日間、東京国際フォーラムで開催される「富士通フォーラム2012」で参考出展される。

【関連サイト】
富士通がICTを活用したペットの健康管理ビジネスに参入
スポンサーリンク

[▲このページの上へ]