Root : PSL47 > ペットニュース一覧 > 2012/06/25

「愛犬の健康と愛犬との絆に関する調査」結果発表




ニュース配信元:JPRペット産業・市場ニュース
記事:ペットライン調べ「愛犬の健康と愛犬との絆に関する調査」

---引用----

 ペットライン株式会社(所在地:岐阜県多治見市大針町657-1、代表取締役社長:朝見 恭裕)では、「愛犬の健康と愛犬との絆に関する調査」を実施しました。本調査は、インターネットリサーチにより、2012年5月17日~5月23日の7日間において実施し、2,000名(調査対象者:室内で犬を飼っている20歳以上の男女)の有効サンプルを集計しました。(調査協力機関:ネットエイジア株式会社)

【愛犬の健康と愛犬との絆に関する調査】
・愛犬の健康診断受診率 7割超、診断費用 1回平均 約8千円
・愛犬のペット保険加入率 20代男性が高い傾向
・猛暑・節電の夏 働く女性の4人に3人 愛犬の「熱中症」が心配 わが家のわんこは大丈夫?
・わが家の愛犬はアレルギーを持っていると思う 約3割
・この夏、アレルギーわんこの症状悪化が心配 4割
・アレルギー対策 「薬物療法」が4割弱、「皮膚ケア」3割強、「アレルギー対策フード」3割弱
・震災対策 愛犬のために備蓄や防災用品の準備 7割
・愛犬のために「予備の食事」を備蓄 5割弱、「名札・迷子札」を準備 2割弱
・ドライブよりも自宅で触れ合い 震災以降は愛犬と自宅で一緒にいる時間が増えた 4割超
・愛犬との絆に感動したアニメ 1位「フランダースの犬」
・愛犬と家族の絆は、子供の精神発達に好影響だと思う 8割超
・愛犬との絆が「子供の優しい気持ちを育んだ」 75.3%
・学校にもドッグセラピーが普及してほしい 学生の4割強
・働く女性の4人に1 人 「オフィスでセラピー犬に癒されたい」

【関連サイト】
ペットライン株式会社
愛犬の健康と愛犬との絆に関する調査(PDF)
スポンサーリンク

[▲このページの上へ]