Root : PSL47 > ペットニュース一覧 > 2013/02/14

アニコム損保、ペットのチョコレート中毒に注意喚起 2月は増加傾向




ニュース配信元:WPN☆ワールドペットニュース
記事:アニコム損保、ペットのチョコレート中毒に注意喚起 2月は増加傾向

---引用----

バレンタインデーは人にとっては甘い1日だが、チョコレートを食べると中毒症状を起こす犬や猫にとっては、危険な日になりかねない。アニコム損害保険株式会社が過去に実施した調査の結果が、そのことを示している。

 同社がペットオーナーへの注意喚起として、公式サイトに掲載した13日付の記事によると、同社のペット保険「どうぶつ健保」の保険金請求データをもとに昨年2月に実施した「犬のチョコレート中毒」に関する調査では、チョコレート中毒での保険金請求件数を月別に見た場合、やはり2月の件数がもっとも多かった。
また、獣医師172名のうち、8割にあたる141名がチョコレート中毒を診療した経験があり、さらにうち9件は死亡に至ったという。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 同社は、犬の届かない場所にチョコレートを置くなどして事故を予防するとともに、万が一事故が起きた際、すぐに診察してもらえる動物病院を調べておくなどの備えが大切だと注意を促している。

 中毒の応急処置は、誤飲したものによって吐かせたほうがいい場合と吐かせないほうがいい場合に分かれると聞く。愛犬・愛猫がチョコレートを食べてしまったと思しき場合は、自分で何とかしようとせず、とにかくすぐに動物病院で診てもらうことをおすすめしたい。



【関連サイト】アニコム損害保険株式会社 関連記事
スポンサーリンク

ペットニュース


[▲このページの上へ]