Root : PSL47 > ペットニュース一覧 > 2013/11/26

冬の寒さ 7割のペットが「苦手」 アニコム損保調べ




ニュース配信元:WPN☆ワールドペットニュース
記事:冬の寒さ 7割のペットが「苦手」 アニコム損保調べ

---引用----


 アニコム損害保険株式会社は26日、同社のペット保険「どうぶつ健保」契約者を対象に実施した、「ペットの寒さ対策」に関するアンケート調査の結果を発表した。

 それによると、まず「ペットは寒さが苦手か」の問いに対し、「苦手」「どちらかというと苦手」を合わせると68.8%にのぼった。
ペットが寒そうと感じるときは「体を丸めているとき」(76.6%)が圧倒的に多く、
次いで「ぶるぶると震えている」(39.4%)、「毛がはえかわる」(14.6%)が続いた。

 また、寒さ対策で利用するものでは
「毛布(56.6%)」「エアコン(54.3%)」が多く見られたほか、
「ホットカーペット」「オイルヒーター」などがあげられたという。

 「冬場になるとかかりやすい病気やケガ」については、皮膚炎やかゆみなどの「皮膚疾患」、風邪や咳などの「呼吸器系疾患」といった、人間と同様の症状をあげる傾向が見られた。その対策では、室温に気をつけるほか、「乾燥しないように加湿器を利用している」「肉球用の保湿クリームを使う」「シャンプーを変える」などの声が聞かれた。

 一方、冬場の楽しみ方では、「ひなたぼっこ」が48.4%ともっとも多い結果となった。また、「夏より散歩に行きやすいので、冬の間に散歩をしっかりして体力をつけさせる」など外出に関するコメントや、「クリスマスやお正月のイベント」「洋服などのおしゃれ」など、寒い冬をペットと楽しもうとしている飼い主の様子がうかがえた。


【関連サイト】今どきのペットは「寒さが苦手(68.8%)」、冬の楽しみは「ひなたぼっこ」 | ニュースリリース | ペット保険の加入は「アニコム損害保険株式会社」
スポンサーリンク

ペットニュース


[▲このページの上へ]