Root : PSL47 > ペットニュース一覧 > 2014/3/25

ASPCA 「ペットに危険な毒物トップ10」 発表




ニュース配信元:WPN☆ワールドペットニュース
記事:1位は人用の処方薬 ASPCA 「ペットに危険な毒物トップ10」 発表

---引用----


 アメリカでは3月16日から22日までの1週間は毎年恒例の「中毒予防週間(National Poison Prevention Week)」だったそうだが、米動物虐待防止協会(ASPCA)はそれに合わせ、「ペットに危険な毒物トップ10」のリストを発表している。

 米イリノイ州アーバナにあるASPCA中毒事故管理センター(APCC)が2013年に取り扱った18万件にのぼる症例を集計した結果によれば、ペットの中毒事故の原因となった毒物でもっとも多かったのは人用の処方薬で、6年連続で1位となった。

 なかでも、降圧剤や抗うつ剤、鎮痛剤の誤飲が多く、飼い主が飲もうと薬を準備している際にうっかり床に落とし、ペットが飲んでしまうケースが多いのだという。



【ペットに危険な毒物トップ10】

1位:人用処方薬
2位:殺虫剤
3位:人用一般用医薬品
4位:家庭用品(洗剤など)
5位:人用の食べ物(たまねぎ、キシリトール製品など)
6位:動物用医薬品
7位:チョコレート
8位:殺鼠剤
9位:植物(ユリなど)
10位:ガーデニング用品(肥料など)



【関連サイト】
ASPCA 関連記事(英語)http://www.aspca.org/pet-care/animal-poison-control/top-pet-toxins-2013
スポンサーリンク

ペットニュース


[▲このページの上へ]