Root : PSL47 > ペットニュース一覧 > 2015/1/16

東京の上野動物園で「クマの冬眠」が観察できる




ニュース配信元:WPN☆ワールドペットニュース
記事:東京の上野動物園で「クマの冬眠」が観察できる

東京の上野動物園で「クマの冬眠」が観察できる


---引用----


 東京都の上野動物園が、ニホンツキノワグマの冬眠展示を開始した。

 2006年からスタートし、今年で8回目をむかえる冬眠展示の取り組みは、動物本来の生態を伝えることを目的としている。これまで親子2頭で冬眠する様子などを展示してきたが、今回はオスの「ソウ」(推定9歳)、メスの「クー」(推定9歳)と「タロコ」(推定8歳)の3頭の冬眠を公開している。

 ツキノワグマの冬眠施設は、「展示室」「準備室」「冬眠ブース」の3部屋にわかれており、東北地方の環境を参考にして作られた準備室は、室温をマイナス5℃まで下げることができる。準備室は、野生の冬眠穴を模して作られた冬眠ブースへとつながっていて、冬眠中のクマはほとんどの時間を冬眠ブースで過ごす。

 今回、クーが冬眠するのは3年ぶりで、ソウとタロコは以前の経緯から、東京の気温でも環境を整えれば冬眠することがわかったので、冬眠ブースではなく、室温約6℃の部屋で冬眠している。

 同園によると、クマの冬眠には、「体温があまり下がらない(通常時から約4℃低下するのみ)」「冬眠の途中で覚醒することがない」「妊娠したメスは冬眠中に出産することがある」といった特徴があげられるという。

 例年にくらべると今年の3頭の冬眠は浅い状態のようで、一日約20時間は寝て過ごし、起きている間は寝床を整える姿や、乾草を持ち上げて遊んでいるかのような行動も見られるという。




【関連サイト】上野動物園
スポンサーリンク

ペットニュース


[▲このページの上へ]